心への効果効能について


レモンはミカン科のミカン属に属する柑橘類の一つであり、原産地はインド北部で、柑橘類の中では四季咲き性の強い品種です。

ドリンク02非常に酸っぱくphは2を示しますが、果汁は絞ってジュースやレモネードなどの清涼飲料水に用いられたり、味に強みを持たせる目的で調理や成果にも利用されています。
揚げ物をなどを食べる時に果実を絞る用途でよく果肉を切った状態で添えられていたりします。
レモン果汁の中に含まれるフラボノイド、特にエリオシトリンが食後の新陳代謝にとって非常に有効である事が近年の研究で明らかとなっています。
またレモンには強い香りがありますが、これらは皮の部分に大きく依存しており、その香りは様々な面で活用されています。

その一つとしてレモンのエッセンシャルオイルがあり、その香り「はレモンに似ていますが、レモンよりずっと強く鮮やかで、甘さも少し含んでいます。
エッセンシャルオイルは数多くありますが、その中でもレモングラスの効能は高く、タバコやペットのニオイなど室内にある悪臭に対して有効です。
心理面においては、レモングラスの香は仕事やスポーツの後などにリフレッシュさせる効果がありますし、勉強中に用いると集中力や記憶力を高め、勉強の効率を高めます。
集中力を高める効果は勉強だけでなく仕事など、あらゆる状況で役立てる事が出来ます。

コメントは受け付けていません。