使用時の注意点


レモンのアロマオイルはとても使いやすいのですが、いくつか注意する必要があります。
ひとつは光毒性です。これは何かというと、アロマオイルの中でも柑橘系はこのような光毒性がとても強いのです。これは何かというと、アロマオイルをつけて外に出ると、柑橘系のアロマオイルは紫外線なども強くなりシミや皺を作りやすくなるのです。香りについてはとてもいいのですが、その分刺激が強くなる傾向があるのです。

このため、敏感肌の人は昼間に使うことは避けて、なるだけ紫外線がない夜に使うことはもちろん、もしスキンケアに利用するのであれば夜のスキンケアに利用するようにしましょう。
また、酸化が進みやすいのも特徴です。ほかのアロマオイルと比べると酸素に弱く、あまり品質保持がしにくいという傾向があるのです。このため、なるだけ小さいサイズを購入し、また頻繁に使い切りを行うということも大事です。

もちろん数回で使い切れたり使用期限内に使い切れるのであれば問題はありませんが、この使用期限をすこしでもすぎる可能性があるのであれば、なるだけ小さいサイズや使い切れるサイズを使いましょう。また、少しでも変質しているのであれば遠慮なく捨ててしまうというのもポイントですね。

コメントは受け付けていません。